スマートフォンで家電をコントロール!iRemocon IRM-01L(スマートリモコン)

iRemocon IRM-01LE8 インターネット
iRemocon IRM-01LE8
スポンサーリンク
スポンサーリンク

iRemoconとは?

 iRemoconは、株式会社グラモ(Glamo)から販売されている赤外線リモコン信号送信機のひとつで、様々な赤外線リモコンの信号を学習することができます。
 スマートフォンやタブレットからの操作によるリモコン信号の送信、スケジューリングしたタイマーによるリモコン信号の送信が可能で、スマートフォンで使用するリモコン画面は専用サイト(UIデザイナー)で作成できます。

現在このタイプのiRemoconは旧製品で、IRM-01L(通常版)とIRM-01LE8(廉価版)の2種類あり、仕様が少し異なります。

 通信手段は有線ケーブルのイーサネット(RJ-45)のため、電波障害によるエラーがなく、通信は安定しています。

iRemocon IRM-01LとIRM-01LEの仕様

 IRM-01LIRM-01LE
赤外線部送信超高出力・広角赤外線LED
受信広帯域赤外線学習センサー
記憶容量リモコンコード最大1500件最大800件
タイマー最大500件
クライアントソフトウェアiRemoconアプリiPhone, iPad, iPod touch ,Android2.1以上
※Androidは一部の端末で動作いたしません。動作確認済み端末をご確認ください。
eoスマートリンクタブレットおよびAndroid2.1以上
※Androidは一部の端末で動作いたしません。
接続端子外部赤外線LED接続端子3.5mmミニピンジャック:2
LAN端子10BASE-T/100BASE-TX:1
電源端子外部ACアダプター接続端子:1
メンテナンス端子1
※ iRemoconサイト(http://i-remocon.com/FunctionAndSpec/)より抜粋・引用。

リモコン画面は自分で自由にデザイン

 リモコン画面はインターネット上で作って保存しておき、スマートフォンやタブレットのアプリ側で選んでダウンロードします。
 雑な例ですが、下記はAndroidのアプリ「iRemocon」の画面で、送信したいリモコン信号をボタンとして貼り付け、並べて作ります。

スケジューリングできる

 一つひとつのボタン毎に、単発や繰り返しのタイマーを「年月日・時・分」と「繰り返し間隔」で設定できますので、かなり細かい指示ができます。

外出中でも操作できる

 自宅内ではスマートフォンやタブレットをWi-Fiアクセスポイントに繋いで操作していますが、外出中でもWi-Fiや携帯電話会社で通信が繋がっていれば、リモコン信号の操作からスケジュールタイマーの設定・削除もできますので、消し忘れたエアコンをOFFにしたり、帰宅前にエアコンや照明をONにすることができます。

別料金のものがある

 外出中の操作が無料でできるのは「iRemocon IRM-01L/IRM-01LE8」本体とAndroidアプリ「iRemocon」の組み合わせのみで、他の本体とアプリの組み合わせだと有料になってしまうようです。
 Androidアプリ「iRemocon」はAQUOS sense2のAndroid9では動作していますが、グラモによる対応情報はこちらをご覧ください。

自宅のパソコンで操作することも可能

 自宅のパソコンから直接iRemocon IRM-01L/IRM-01LE8をコントロールする方法が、「わいひら」さんによるネタキリラボブログにあり、Vectorソフトライブラリの「ボイスリモコン Kotoshiro」からダウンロードできます。
 ちなみに、うちのWindows10でも動作しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました